会社概要

代表紹介


  ども。『㈱オガラボ』代表取締役所長の小川祥二です。『オガラボ』がどんな会社か知っていただくためには、まず私・小川の経歴を知っていただくのが一番だと思います。
  1955年10月21日新潟市生まれ。血液型A型。二男。尊敬するミュージシャンはFrankZappa。好きなニャン子先生は「夏目友人帳」。
  市立礎小学校、市立寄居中学校を経て県立新潟高校を卒業。第一志望の早稲田ゼミナール入学。1浪。早稲田大学第二文学部演劇学科を7年かけて卒業。演劇青年だった。
  その後、舞台大道具、雑誌編集、きぐるみショーの中の人など数々のアルバイトを経験。84年、在学中にかかわっていた劇団「暫」で一緒だった、大竹まこと・きたろう・斉木しげるに誘われ、「㈱プロダクション人力舎」入社。強烈な個性の人力舎先代社長・玉川善治氏の薫陶を受ける。以降、シティボーイズ・ブッチャーブラザーズ・B-21スペシャル・ビシバシステム等々のマネージメントを担当。
  が、はじめはマネージャーの仕事が嫌で嫌で、すぐに辞めようかと…。が、新人たちの舞台を立ち上げてからは楽しくなり、30年近く勤めてしまうことになってしまいました。ずぅーっと新人の育成に命をかけてきました。「ダメ出し大王」と言われてきました。人力舎のお笑い学校「スクールJCA」を立ち上げた後も先代の玉川氏と議論し、「育成」とは何か?と突き詰めてきたつもりです。現在も盛況な東京のライブシーンの土台を創ってきたと自負しています。
  2010年、「㈱人力舎」社長就任。2012年退社。株式会社オガラボ設立。
  今後も引き続き、「スクールJCA」の運営・ライブ『バカ爆走!』の制作・JCAプロモーション(人力舎)タレントのマネージメントを(委託を受けて)やっていきます。
  が、自社のタレントにも自信を持っています。自社ライブもやっていきます。芸人育成が自分のライフワークだと思っています。芸人が大好きです。自分の事より周りの人間を愉しませようとしている、いわば神と人間のあいだの存在になろうとしているからです。そんな「THE芸人」たちを応援していく会社にしたいぞ。ひとりでいつまでも眼の前の人を楽しませる事ができる芸人を応援したいぞ、と。
  志が同じ人がいたら集まってきてください。誰か埋もれているが面白い人がいたら紹介してください。

  キャスティグにつまったら…。面白いライブを観たくなったら…。渋い芸人が好きになったら…。飯トモが欲しくなったら…。いつでも連絡を!